札幌の西11丁目駅近郊で肩こり・ひざ痛改善の運動指導しています

札幌の地下鉄東西線西11丁目駅から徒歩5分のところにあるパーソナルトレーニング専門ジムにて、肩こり・腰痛・ひざ痛緩和の運動指導をしています。/【提携施設】札幌市中央区南3条西9丁目999−1新和プラザビル3F 札幌ボディファクトリー

ひざ痛緩和のためにストレッチングを受けている40代女性のお客さまが、ひざ痛緩和の他に手に入れたもの!

▼ ひざ痛緩和のためにストレッチングを受けている40代女性のお客さまが、ひざ痛緩和の他に手に入れたもの!

佐藤雄一です。

ひざ痛緩和のためにストレッチングを、週1回受けている40代女性のお客さま。

 

f:id:yuichisatoblog:20171225183208j:plain


僕が、次のご予約までご自宅で行って欲しいこと(課題)を真面目に取り組んでくれるので、想定してよりも早く回復しています。

初めてご依頼を受けた時は、筋肉がガチガチだったので元の長さ・弾力性に戻すには最速でも3ヶ月かなと思いましたが、1ヶ月程でかなり柔らかくなりました。自己管理がしっかり出来ると、回復・改善のスピードが加速します。

課題をこなして回復を加速させてくれると、僕は次々に手を打つことが出来るので、さらに回復・改善が加速します。

お客様はスポーツ愛好者です。

スポーツをなさっていない方でしたら、股関節とひざ関節周りの筋肉のストレッチングをするだけでも、日常生活を楽に過ごせるようになりますが、スポーツは体に大きな負担をかけるために、それだけではちょっと物足りません。ということで、スポーツしても下半身への負担を軽減させるために、肋骨・骨盤周りのストレッチングも施しました。

カラダの状態をチェックすると横隔膜に硬さがあったので、じっくり時間をかけてストレッチングしました。ストレッチング後に再びカラダの状態をチェックしたら、お客さまのお腹がめちゃくちゃヘコんでいました。

横隔膜が硬いとお腹が出っ張りやすくなるので、柔らかくなったらヘコむのはわかっていましたが、想定外にヘコんだので、お客さまのよりも先に僕がびっくりしちゃいました。

お客さまはストレッチ中は痛みを感じていたので、変化を感じるどころではなかったみたいですけどね。効果を実感出来たのは、ストレッチング後に全身が写る鏡の前に立って頂いた時に、いつもよりも、くびれが出来てお腹も薄くなっていたのを見た時です。


==ひざ痛緩和のための筋肉はがし==

自宅で簡単に出来る方法を二つご紹介します。ひざ痛を緩和させるためには、太もも前側や太もも裏側の筋トレやストレッチングを行うかとが代表的です。

ですが!意外と見落とされがちなのが、太もも外側と太もも内側への対処です。ここでは、詳細を省きますが、ひざ痛緩和には重要な部位ですので、日頃からケアをしておきましょう!

1.ひざの外側の筋肉はがし

f:id:yuichisatoblog:20180216142229j:plain

==ひざの外側の筋肉はがしの手順==

ひざの外側の骨を触って、そこからお尻側に指を動かしていくと骨が無くなるところ(骨の際)を探します。


骨が無くなるところから少し下がったところに筋肉と筋肉の隙間(筋肉の溝)があります。

筋肉と筋肉の隙間にテニスボールを当てます。

テニスボールを当てている側の脚をカラダの前に出します。

テニスボールにしっかりと体重を乗せるために、カラダの前傾させながら腰を20〜30秒揺らします。

2.ひざの内側の筋肉はがし

f:id:yuichisatoblog:20180216143545j:plain

==ひざの内側の筋肉はがしの手順==

ひざの内側の骨を触って、そこから太もも内側に指を動かしていくと骨が無くなるところ(骨の際)を探します。


骨が無くなるところにテニスボールを当てて、うつ伏せになります。

テニスボールを当てている側の脚を少し横に広げて、つま先を外に向けます。(内くるぶしが床に付くくらい)

テニスボールにしっかりと体重を乗せて、カラダを20〜30秒揺らします。

ひざ痛緩和ストレッチングの流れをご紹介します。


ひざ痛の方は、ひざのお皿と脛の骨が捻じれているのと、股関節や足関節の動きが悪いことで、ひざ関節に負担をかけています。その日の、調子に合わせてひざ関節の捻じれを取ることと、股関節や足関節を入念にストレッチングします。

===お客さまの声===

「階段の上り下りが楽になった」
「膝に不安なく長い距離歩けるようになった。」

=ひざ痛緩和ストレッチングの流れ=

筋肉の柔軟性・関節の動きチェック

股関節周りのストレッチング

膝周りのストレッチング

足首周りのストレッチング

各部位の筋トレ(1~4種類)

ひざ痛緩和ストレッチングの流れを、ご紹介いたしましたが、実際は、腰痛とひざ痛、肩こりと腰痛、といったように、複数の症状を訴えるお客さまもいます。複数の症状を訴える方の場合は、同時進行でストレッチングを行っていきますが、体全体の状況を診て、改善の優先順位をご提案させて頂く場合があります。

===個別サポートのご案内==

===お客さまの声===

  ===佐藤雄一プロフィール===

札幌の東西線西11丁目駅から徒歩5分のパーソナルトレーニング専門ジムで、肩こり・腰痛・ひざ痛緩和の運動指導、ダイエットの成功やスポーツで結果を出せる選手になるための個別サポートをしています。(完全予約制)

肩こり・腰痛・ひざ痛の改善、きれいなスタイル(ダイエット)や細マッチョ作り、ゴルフ・マラソン・テニスなど各種スポーツのスキルアップなどのご依頼を承っています。

質問・感想・お問い合せメールフォーム


水〜土10:00〜17:00(最終予約受付/16:00、日祝定休)

札幌市中央区南3条西9丁目999-1 新和プラザビル3F 札幌ボデイファクトリー(地下鉄東西線西11丁目駅3番出口より徒歩5分)